【オカルト事件】かつて岐阜県某町で大衆の大騒ぎを起こした!!原因は....

因为你 我才能幸福的走下去 2018-08-16

小さな町の、大きな事件

西暦2000年秋。 驚くべき事件が新聞によって報じられた。 4億円の費用をかけて1999年に完成した四階建ての町営住宅で怪現象が起こっているのだという。 日本において、怪現象の報告は決して少なくないが、新聞やテレビと言った大手メディアで大々的に報じられたケースは多くない。この事件はその希有な例だ。

完成直後から、入居した住人たちは夜中に響く怪音に悩まされていた。 「ビシッ、バシッ」だの「キーッ」だの、メモによれば「ガラスビンが転がるような音、ノコギリで切るような音、金槌で叩くような音……」「天井の上を誰かが歩いている音」が聞こえ、頻発する怪音により夜中に目を覚ましてしまう事もあったという。
不思議に思っていても、誰かに話せばバカにされる――と当時の住人たちは口をつぐんでいたのだという。 だが2000年のお盆頃から、音だけではなく、常識では考えられない怪奇現象まで起こるようになった。
完成直後から怪現象が発生したマンション
住民は神主による祈祷を行うことにする。新築の町営マンションで怪奇現象が起きているため、住民たちは富加町に祈祷費を求めたものの、政教分離の原則に反するという理由で断られてしまう。だが住民たちの恐怖は大きく、結局は自費で祈祷を行った。
メディアが注目! 木刀を常備する住民も出現

富加町と住民たちの祈祷費をめぐる問題などもあり、このころから一般紙やテレビニュースなども含めたメディアによる報道合戦が繰り広げられるようになった。
当時報告された怪現象には以下のようなものがある。

■画びょうがはじけ飛ぶように勝手に抜ける。
■深夜、スリッパをはいたようなパタパタという足音が部屋中に響き渡る。
■外から空き缶が飛んでくる。
■ガスコンロの火が勝手につく。
■自転車置き場で知らない人が目撃される。
目に見えない敵に立ち向かった勇者たち

ワイドショー系のテレビ番組は専門家を現地に送り込み検証を行った。目に見えない謎の敵に立ち向かったのは、霊能者の織田無道や江原啓之、日本音響学研究所・鈴木松美所長という90年代バラエティ番組のオールスターキャストだ。 織田や江原は現地に存在する霊を指摘し、鈴木所長は水道管内の圧力変化で音が発生するウォーターハンマーという現象を指摘した。しかし専門家たちは仮説を示すところまでしかたどり着けなかった。 現在まで、怪現象の根本的な原因は謎のままとなっている。

お風呂場でトイレをすると何が起こるのか?お風呂場でおしっこをするのが悪くない!?
娘の結婚式で、ハードロックをやっているお父さんが、歌い始めると式場が一瞬で静まり返った…
12歳の義足の少女が、人生初の登山に挑んだ企画。登頂する感動の場面で、羽鳥アナが怒りを露わにしたワケとは…
行方不明の2歳男児を発見したボランティア男性が飴玉あげた行為に批判「始末が悪い」
[知らなかった]黄色いリボンをつけたワンちゃん、まさかこんな理由があった!
悪いですけど、半数以上分かればあなたはもうおじさん/おばさんだよ!
猫ちゃんが飼い主の上で寝る理由!ちょっとショックな本音とは?
16年間ハムを支え続けた女性のグラウンドキーパー、退職の日に想像もしないことが・・
猫にもちゃんと言葉がある!猫の気持ちはしぐさから読み取れる!
左手の親指にあるこの「目」は、実は「仏眼の相」で、ある人が要注意!!
あるある(笑)血液型からわかる、モチベーションの特徴
【衝撃の感動実話】「離婚までの一か月間毎日私をルームから玄関まで抱き上げてほしい」という離婚条件!その結果は…
【感動の実話】毎週金曜日に会社を休む部下。上司が知った驚きの真実とは…
【警告】行ってはいけないパチ屋の特徴がこちら。「負ける日」は行ってはいけない。当てはまったら危険!
【爆笑】DA PUMP / U.S.A. (替え歌) → I.N.K. 全力の自虐に爆笑する人、続出!
その前兆は…膵臓癌が疑われる初期症状かも⁉早く!すい臓がん発見

気に入ったら、いいねにしよう

閉じる