【衝撃の感動実話】「離婚までの一か月間毎日私をルームから玄関まで抱き上げてほしい」という離婚条件!その結果は…

因为你 我才能幸福的走下去 2018-07-25

【衝撃】30日連続で妻を抱いた結果・・とんでもないことに 実は〇〇だったなんて…驚愕の結末が!嘘のように見えて実は本当の話。今日は、ご紹介いたします。では、始まります。

When I got home that night as my wife served dinner, I held her hand and said, I've got something to tell you. She sat down and ate quietly. Again I observed the hurt in her eyes.

その晩、家に帰ると妻が夕食の準備をしていた。私は彼女の手を握り「伝えたいことがあるんだ」と言った。彼女は何も言わずイスに座り、そして静かに食べ始めた。苦痛そうな眼差しをしていた。

Suddenly I didn't know how to open my mouth. But I had to let her know what I was thinking. I want a divorce. I raised the topic calmly.

She didn't seem to be annoyed by my words, instead she asked me softly, why?

突然、僕はどうやって口を開ければいいのか分からなくなった。でも、僕の考えを伝えなければ。

「離婚したい。」

僕は落ち着いて口にした。 彼女は僕の言葉に特に反応もせず、ただそっと「なぜ?」と尋ねてきた。

I avoided her question. This made her angry. She threw away the chopsticks and shouted at me, you are not a man! That night, we didn't talk to each other. She was weeping. I knew she wanted to find out what had happened to our marriage. But I could hardly give her a satisfactory answer; she had lost my heart to Jane. I didn't love her anymore. I just pitied her!

僕は彼女の質問に反応しなかった。それにより彼女は怒った。箸を投げ、叫んできた。「あなたは男じゃない!」

その晩、僕らは喋らなかった。彼女は泣いていた。もちろん、彼女は僕らの結婚に何が起こったのかを知りたがっていた。でも僕は彼女に満足のいく答えを与えられない…。

ただ、僕は新しい恋人のジェーンしかもう見えないんだ。だからもう妻のことを愛していない。妻には、哀れんでいるだけだ…。

With a deep sense of guilt, I drafted a divorce agreement which stated that she could own our house, our car, and 30% stake of my company.

深い罪悪感に包まれながら、離婚の同意書にサインをした。彼女に家と車、そして私の会社の株を30%渡すことにした。

She glanced at it and then tore it into pieces. The woman who had spent ten years of her life with me had become a stranger. I felt sorry for her wasted time, resources and energy but I could not take back what I had said for I loved Jane so dearly. Finally she cried loudly in front of me, which was what I had expected to see. To me her cry was actually a kind of release. The idea of divorce which had obsessed me for several weeks seemed to be firmer and clearer now.

だが、彼女はそれをチラリと見ただけでビリビリに破いてしまった。10年間一緒の人生を歩んできた彼女は、僕にとってもはや「他人」となっていた。彼女に、無駄な時間と資源、労力を過ごさせてしまい申し訳なく思ったが、僕の心はもうジェーンを愛してしまっている。

彼女は僕の前で、大声で泣いた。それは、僕が見たかったものだ。「泣く」ということは一種の「解放」だと僕は思っている。ここ数週間、僕の頭から離れなかった「離婚」という考えが、やっと今明確になったような気がした。

The next day, I came back home very late and found her writing something at the table. I didn't have supper but went straight to sleep and fell asleep very fast because I was tired after an eventful day with Jane.

When I woke up, she was still there at the table writing. I just did not care so I turned over and was asleep again.

次の日、僕はとても遅い時間に帰宅した。妻はテーブルで何かを書いていた。その日僕はジェーンと一緒に過ごし、クタクタに疲れていたため、夜食もとらずにすぐに寝た。

僕が起床しても、彼女はまだテーブルで何かを書いていた。気にならなかったし、僕はくるりとターンしてもう布団に戻った。

In the morning she presented her divorce conditions: she didn't want anything from me, but needed a month's notice before the divorce. She requested that in that one month we both struggle to live as normal a life as possible. Her reasons were simple: our son had his exams in a month's time and she didn't want to disrupt him with our broken marriage.

お風呂場でトイレをすると何が起こるのか?お風呂場でおしっこをするのが悪くない!?
娘の結婚式で、ハードロックをやっているお父さんが、歌い始めると式場が一瞬で静まり返った…
12歳の義足の少女が、人生初の登山に挑んだ企画。登頂する感動の場面で、羽鳥アナが怒りを露わにしたワケとは…
行方不明の2歳男児を発見したボランティア男性が飴玉あげた行為に批判「始末が悪い」
[知らなかった]黄色いリボンをつけたワンちゃん、まさかこんな理由があった!
悪いですけど、半数以上分かればあなたはもうおじさん/おばさんだよ!
猫ちゃんが飼い主の上で寝る理由!ちょっとショックな本音とは?
16年間ハムを支え続けた女性のグラウンドキーパー、退職の日に想像もしないことが・・
猫にもちゃんと言葉がある!猫の気持ちはしぐさから読み取れる!
左手の親指にあるこの「目」は、実は「仏眼の相」で、ある人が要注意!!
あるある(笑)血液型からわかる、モチベーションの特徴
【感動の実話】毎週金曜日に会社を休む部下。上司が知った驚きの真実とは…
【警告】行ってはいけないパチ屋の特徴がこちら。「負ける日」は行ってはいけない。当てはまったら危険!
【爆笑】DA PUMP / U.S.A. (替え歌) → I.N.K. 全力の自虐に爆笑する人、続出!
その前兆は…膵臓癌が疑われる初期症状かも⁉早く!すい臓がん発見
性格が悪い人に共通する特徴とは?

気に入ったら、いいねにしよう

閉じる