汚れた体育館を掃除しようとした清掃員 次の瞬間のサプライズなプレゼントに目を涙で潤す

因为你 我才能幸福的走下去 2018-10-24

皆さん、ご存知でしょうか? アメリカの小学校では日本の小学校と違い、アメリカでは、学校の教室などを掃除することは『カストーディアン』と言われた清掃員に任せるのです。アメリカの小学校には生徒が掃除をする習慣がないんです。そこで、今回ご紹介するのは、アラバマ州にある小学校で、汚れた体育館を掃除しようとした清掃員と 生徒たちのことです。その感動の画面を見ると、目を涙で潤します。

アラバマ州にあるムーディ小学校でカストーディアンをしているユージーンさんはこの日、「生徒たちが体育館をひどく汚してしまったので、きれいにするのを手伝ってくれますか?」と頼まれます。

そして掃除道具を持って体育館へ足を踏み入れた彼を待っていたのは…。

ユージーンさん、いつも手を貸してくれてありがとう

ユージーンさんを待っていたのは3年生の生徒たちによる、彼に感謝の気持ちを伝えるためのサプライズ!

これが自分へのサプライズだと分かったユージーンさんは感極まって目頭をおさえます。

大きな声援と拍手で迎えられた後は、子どもたちから感謝のメッセージが書かれたカードなどたくさんのプレゼントが手渡されました。

最後は生徒たちとハイタッチをして回ったユージーンさん。本当にみんなに愛されているのですね。

実はこのサプライズは10月2日の『国際カストーディアルワーカーズ・レコグニションデー』にちなんだもの。この記念日は清掃員として働く人たちに感謝を示すことを目的に制定されました。

日々仕事をする中で誰かに感謝をされる喜びというのは何ものにも代えがたいもの。

大勢の子どもたちから感謝の気持ちを受け取ったユージーンさんは、きっとこれからも自分の仕事に誇りをもって働き、生徒たちのよきお手本となってくれることでしょう。

お風呂場でトイレをすると何が起こるのか?お風呂場でおしっこをするのが悪くない!?
娘の結婚式で、ハードロックをやっているお父さんが、歌い始めると式場が一瞬で静まり返った…
12歳の義足の少女が、人生初の登山に挑んだ企画。登頂する感動の場面で、羽鳥アナが怒りを露わにしたワケとは…
行方不明の2歳男児を発見したボランティア男性が飴玉あげた行為に批判「始末が悪い」
[知らなかった]黄色いリボンをつけたワンちゃん、まさかこんな理由があった!
悪いですけど、半数以上分かればあなたはもうおじさん/おばさんだよ!
猫ちゃんが飼い主の上で寝る理由!ちょっとショックな本音とは?
16年間ハムを支え続けた女性のグラウンドキーパー、退職の日に想像もしないことが・・
猫にもちゃんと言葉がある!猫の気持ちはしぐさから読み取れる!
左手の親指にあるこの「目」は、実は「仏眼の相」で、ある人が要注意!!
あるある(笑)血液型からわかる、モチベーションの特徴
【衝撃の感動実話】「離婚までの一か月間毎日私をルームから玄関まで抱き上げてほしい」という離婚条件!その結果は…
【感動の実話】毎週金曜日に会社を休む部下。上司が知った驚きの真実とは…
【警告】行ってはいけないパチ屋の特徴がこちら。「負ける日」は行ってはいけない。当てはまったら危険!
【爆笑】DA PUMP / U.S.A. (替え歌) → I.N.K. 全力の自虐に爆笑する人、続出!
その前兆は…膵臓癌が疑われる初期症状かも⁉早く!すい臓がん発見

気に入ったら、いいねにしよう

閉じる